HOME - MY ACOUNT - MAIL - POLICY - PAYMENT - DELIVERY - TERMS      

モバイル用QRコード
VORTEX "LIVE SPACE"
VORTEX NEWS
VORTEX LINK
V-BEAT THE AIR
 



2017年7月20日から佐川急便での代引き発送/時間指定発送の送料を全国一律800円とさせて頂きます。
お買い上げ商品代金
16,000円以上で送料無料




クリックポスト164円始めました!
今までのメール便より早くお届け可能!A4サイズ/厚さ3cmまで送れます。
クリックポスト発送だと6,000円以上でのお買い上げで送料無料サービス!(代引き不可)

毎週水曜日は定休日です。
火曜日の19時以降〜水曜日のご注文やお問い合わせのお返事&発送は木曜日になります。

<<<携帯電話からご注文&お問い合わせのお客様へ>>>
迷惑メール対策などで、PCからのメールを受け取れない設定にされてるお客様へは、 お問い合わせのお返事、ご注文の確認メールが送ることが出来ません!
アドレス受信指定で、info@web-vortex.com からのメールが受け取れるように設定して頂いてから、 ご注文&お問い合わせ下さいますよう、お願い致します! お客様のメールアドレス入力の間違いも、度々ございます。よくご確認の上、フォームにご入力くださいませ。 間違ったアドレスをご登録された場合も、こちらからの返信メールは送ることが出来ませんので、ご了承下さいませ。


当店では店頭での販売も行っておりますので、オンラインショップと店頭の在庫は完全にはリンクしておりません。 店頭で完売の場合もありますので、ご了承下さいませ。
V.A:アコースティック不法集会
品番 BLOODSUCKER
販売価格 2,593円(税込2,800円)
購入数


広島MISERYのガイさんのBLOODSUCKER RECORDSから様々なアーティストによるアコースティック コンピレーション!
遠藤ミチロウ、小河原良太、NAOKI、Gotch、fugu & jam、ワタナベ マモル、柳家睦、八田ケンジ、ギターパンダ、中川敬、骸 a.k.a. GUY、永山愛樹、BAKI、the LOW-ATUS全16曲収録!ステッカー付き!


国内のパンク・ハードコア・サイコビリーアーティストによる、アコースティック・ユニットを集めた最強コンピレーションが登場!!
80年代に世界同時多発的に発生したハードコアパンク、そしてパンクロックのスピリッツを受け継ぎ21世紀に発信する表現者たちによるリアルなメッセージを聴け!
今なお、バンドをやりながらも、裸のアコースティックでぶっ放す彼等の魂に心揺さぶられろ!!
(ガイaka GUY/BLOODSUCKER)


1. 遠藤ミチロウ / 負け犬

作詞:遠藤ミチロウ 作曲:TAM

2.小河原良太 / セキセイインコ

作詞作曲:小河原良太

3.NAOKI / 愚か者の独り言

作詞作曲:NAOKI

4. Gotch / Wonderland

作詞作曲:Masafumi Gotoh

5.FUGU & JAM / タワー

作詞作曲:フグ

6.FUGU & JAM / SPEAK LIKE A CHILD

作詞作曲:フグ

7.FUGU & JAM / 今すぐ銃を捨て街に出よう

作詞作曲:フグ

8.ワタナベマモル / ひみつ

作詞作曲:ワタナベマモル

9.柳家睦 / 希望の街/

作詞作曲:柳家睦

10.八田ケンヂ / 爆竹GIRL

作詞作曲:KENZI

11.ギターパンダ / 本当は何もないのかもしれない

作詞作曲:ゴトウイズミ

12. 中川敬 / 報道機関が優しく君を包む

作詞作曲:中川敬

13.骸 a.k.a. GUY / 祝の島

作詞:骸 作曲:丸山裕

14. 永山愛樹 / カミサマ

作詞作曲:永山愛樹

15. BAKI / ジェロニモ

作詞:BAKI BABY 作曲:NAOKI(ex.LIP CREAM)

16. the LOW-ATUS / HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN

作詞作曲:FOGERTY JOHN CAMERON
日本語詞:TOSHI-LOW


【趣旨及び経緯】

昨今、パンク、ハードコアのレジェンドアーティストや、現役のパンク、ロックミュージシャンがアコース
ティック1本でステージに出る機会が目立ち、その先駆けであるスターリンの遠藤ミチロウ氏を筆頭にその数は年々増え続けています。その、理由のひとつとして原点回帰のようなものを感じています。

私も含めてベテランのパンクスの素地はフォークで作られていたりすることがあります。
ハードコアのノイジーなコードワークにアコースティックのヘビーゲージでのパワフルなコード弾きを感じました。
エレキギターから入ったバンドマンにとって、アコースティックは逆に新鮮なものだったりすると思っています。
それぞれ経緯はどうであれ、バンドとは別に、アコースティックを通してそれぞれの表現をしていることは偶然ではないと感じます。

ちょうど3年前、広島土砂災害の復興イベントを被災地の佐東公民館で開催した時のことです。
復旧作業も共にしたブラフマンのToshi-lowは、アコースティックユニット、OVERGROUND ACOISTIC
UNDERGROUNDで参加、自分もアコースティック・ユニットで参加しました。

そのリハーサル後、休憩時間に彼から、「パンクやハードコアパンクスの先輩たちとアコースティックオムニバス作りたいので協力してくれないか?」と言われました。

彼は311震災後にひとりアコースティックを担ぎ、被災地へチャリティーコンサートを行ってました。それまで殆どアコースティックを弾いたことなど無かったと伺いました。
そのアコースティック活動をきっかけに、子供の頃に憧れていたアーティストとの共演に心弾ませていたのだと聞きました。

私も3.11をきっかけに脱原発のアコースティック・ミュージシャンに誘われたのをきっかけにカバー中心のアコースティックをやらせてもらってます。

その後、桑名六道(a.k.a.ジャジャ)やフグ&ジャム、三上寛さん、花田裕之さんと共演させてもらいました。それはハードコア・パンクだけで生きてきた自分にはない新しい経験でした。
自分は、Toshi-lowの考えにすぐさま共感したものの、忙しさに、かまけてこの時期となりました。

パンクへの思い、ロックへの思い、音楽への思いをアコースティックというひとつの表現方法を通じて、オーディエンスに投げかける表現者が、一堂に集まることで、日本のアンダーグラウンド、ロックシーンに刺激を与えれることができれば嬉しいと思っています。

骸 a.k.a. 大小田伸二(ORIGIN OF M / BLOOD SUCKER RECORDS)





(2018.JUNE Released.16track,JPN)


...この商品について問合わせてみる" ... "この商品を友達に教えてあげる”... "買い物を続ける" ...